picture

mAsAoenDo web site

更新日 Jul. 14, 2018

mAsAoenDoはこうして作られた.↑↑↑子供の頃からの写真大公開です。 
クリックすると写真は大きくなります)
現在写真掲載はLinkIconフェイスブック に移行しました

3つ揃え/ダブル+長髪, えらそうにしている窮屈な時代.その後ダブルは大量処分.
今は何一つ残っていない....今の方が自由で豊か.
右の隣は松尾楽器社長.芸高・芸大の2級後輩,ハープを専攻していた.
3つ揃え2.jpg3つ揃え4.jpg3つ揃え5.jpg3つ揃え1.jpg

長髪全盛時代.いつどこで?

1057.jpg1049.jpg1050.jpg  小澤征爾風?83.12.jpg83年10月とある

パリの街角で...何しに行ったのか写真だけが残っている

パリ1.jpgパリ2.jpgパリ6.jpg

松村新潟041.jpg新潟のどこだろう1974.08.05.jpg  74年8月佐渡島友人のVn奏者松村君と女房.ドイツのオペラハウスからの一時帰国.彼の故郷の新潟で落ち合った.奥方はこの後ドイツで女児出産.その時の輸血がもとのC型肝炎が手遅れとなり98年ごろ博多で亡くなられた.彼はその後脳腫瘍を発病し01年に旅立った....博多のホスピスへ足を運んだ.ロビーのアップライトで彼のためにミニコンサートもした.極めて音楽的な男だった.

ロシア冬の芸術祭039.jpg71年12月新潟港ロシア冬の芸術祭2040.jpg船酔い前の船内20代前半,雪見の旅がしたくなって冬のロシアに出かけた.新潟から船でナホトカへ,列車で ハバロフスへ,飛行機でモスクワへ,列車でペテルブルクへの旅.「ロシア冬の芸術祭」というツアー.シベリア大平原に雪は無かった.凍てついた荒涼たる大地.モスクワで熱を出して死ぬかと思った.まだ夢多き共産党政権時代の質素なモスクワ.


真間のゆき1.jpg 雪の真間山弘法寺真間3.jpg 市川市里見公園市川市真間に4年近く住んだ.弘法寺は散歩コース.里見公園はかなり遠かったけど時々足を伸ばした.

大1004.jpg

マイク持って...フランス語で挨拶してます.大学院出てパリに行けたら良いなと思ってアテネフランセに通った.半年勉強して辞めた.今考えるともったいなかったかな.語学は中途半端.高校時代1外でドイツ語選択し.大学入試,院入試はドイツ語.今はもう忘れました.英語は義務教育どまりで,30代になってこれじゃダメだと英語学校に通った.今でも大した事ない.お喋り人間でないと上達しません!

大2015.jpg

芸術祭の野外ステージで.カンツォーネの伴奏.歌い手は篠崎義昭さん(元東京音楽大学教授)随分お若い写真.ポップス系の歌伴は得意中の得意の隠し芸.但しジャズヴォーカルのバックはつとまらなかった.歌のルバートを無視してテンポを維持するなんてクラシック系には無いスタイルで,耳がついて行けなかった.

狼煙07.11.JPG07年の灯台能登017.jpg1967年の禄剛崎灯台旅にはよく出た.これは能登半島の狼煙の灯台.隣は元N響Vn田渕彰君,上は元N響セカンドトップのVn村上和邦君,共に定年退団. 左の写真は現在のもの.殆ど変わってないな.よく見ると縦の看板が異っている.塀が変わった.正面に見える木は同一だろうか.人は老けた.


大2014.jpg

今やトップフルーティストとなったLinkIcon中川昌三君と.マサミは努力の鬼.これ程頑張り抜いた男はいないだろう.1に練習,2に練習....本来器用人間ではないが,他人が追いつけないテク・表現力・魅力を手に入れた.大学入って同級の加古隆君,一つ上の森山威男氏とトリオを組んで毎土曜日はマサミの家で練習大会.今考えると超豪華メンバー.この写真は同級生10人ぐらいで気分転換に神代植物園に行った時のもの.そういえば高校卒業写真の右隣もマサミ

大2013.jpg大2012.jpg

大学に入って歌の伴奏を始めた.面白かった.誰の発案か夏休みに北海道の高校で演奏会をしようとなり出かけた.左は札幌西高でのリハ.宮崎義昭君と中山お姉さん.右は札幌郊外とメモにある

大1011.jpg

大学1年の夏休み,3ヶ月に亘る入院生活を送った.トラブル抱えていた右足首の手術,お茶の水にある三楽病院の屋上.整形外科病棟の入院患者は複雑骨折,片足切断など,内蔵器官には問題無いから気分に余り影響はなく,内科病棟の湿っぽさの無い明るい病棟だった.退院も近い頃の一枚.

合格掲示016.jpg芸大合格発表.芸大附属高校からは推薦なんて無いから普通に受験する.僕は新曲視唱でどえらいミスして落ちると思っていた.
....では同級生のご紹介(現姓)
2=加古隆君,今じゃ説明抜きのジャズピアニスト.3=森ミドリさん,多方面の活躍で有名ですね.名古屋キクチメガネ令嬢.4=佐野清彦君,思索の非常に深い頭のいい人.6=大出孝祐さん,別の音大卒業されての二度目の学生,四国の大学教授定年だそうです 8=木内(南)さと子さん,音大で教えてる.9=栗原(中川)いずみさん,ご存知マサミ夫人.10=坪井(柏木)由紀さん,才能の塊に見えてた.11=宮原節子さん,音大でピアノ教育者.12=松田昌君,エレクトーンの天皇から今はピアニカ伝道者.名古屋の教授辞めたって言ってた.13=浦田健次郎さん,2度目の芸大生で人間的にも音楽的にも抜きん出てた.2009年3月で母校の教授リタイア.16=小沢淳子さん,卒業後別の道へ転進.今年2008年3月乳がんで逝去.21=山田(伊藤)節子さん,音大で和声とソルフェージュを担当.昔夕飯ご馳走戴きに行ったら,表札に伊藤雅夫とあって一瞬焦った.28=下村正彦君,神戸で学部長か学科長.
 こう見ると結構変化に富んでますね.勤務など定年ちらついてますけど,生涯の収支決算は全員黒字,と信じてます.
 近年芸高生は失敗組が増大しているらしい.4分の1落ちた年もあるそうな.それも実技で...何で??

高一001.jpg 高2009.jpg

高校時代の写真は少ない.左は高1の遠足途中の記憶がある.右は高2の奥日光.右の友松村英夫君はもういない. クラス一番の神経質男と一番のノンビリ男と...ウマが合った.これだけのんきでも人は生きていけるんだと随分救われた.

クラス会04.04.JPG

下の写真から43年,先日大学の方の作曲・ピアノオルガン・管弦打でクラス会開催.シングル状況変化なしからバツ1バツ2あり,子育て終了孫の世話役多数あり.
共通の話題は病気と親の介護.

下の写真と両方載っているのは10数名.当てられますか?

芸高卒業式008.jpg

こちらは卒業式.40人もいなかった同級生だけど何人かは退学し,従ってここには載っていない.
時は経ち,既に7名が逝ってしまった.
中列左から4人目が僕

芸高入学式007.jpg

芸大附属高校へ入った.ホントは都立高校へ行って別なコースを考えていたけど,親の夢.今はもう無いこのお茶の水の校舎はその昔分教場と言って音楽の社会人教育をしてたらしい.父親が一時期通ったと言っていた.入学式の写真.
後ろ男子の左から二人目が僕.今から40数年前の写真.同級生の皆さん,公開しても良いよね.

img029.jpg

中央の人物は,本名戸田智次郎君.昔相撲部屋は中学から弟子を取っていた.宮崎県出身の彼は義務教育の残りを僕の中学で過ごし,たまたま僕のクラスには2〜3名こうした友がいた.後に大鵬の46連勝を止めた力士となった.この一番は物議を醸し,翌場所から勝負判定にVTRを参考にするようになった.その後羽黒岩となった. 退職後は故郷宮崎に帰ったが, 2016年10月23日腎不全で亡くなっている. 修学旅行車内の貴重な一枚

img028.jpg

中学はLinkIcon墨田区立竪川(たてかわ)中学校.今の錦糸町すみだトリフォニーホールから更に両国方向に歩いて5分位の所.

平安神宮で撮った修学旅行写真.音楽担当の平川先生と.先生はその後佐賀県の故郷で教員生活を送られた.

img027.jpg

LinkIcon墨田区立中和小学校に通った.
3年生の遠足,どこに行ったのか覚えてない.
右端が僕.
卒業当時250人の同窓がいた.このところ卒業生は25〜30人.10分の一.墨田区でいちばん古い小学校らしいが,廃校,合併になりはしないかと冷や冷やしていた.墨田区のHP見てたら,通学距離を考慮し存続させるとあった.

img021.jpg

 
見よこの凛々しき姿を

img024.jpg遠藤01−1.jpg父は才能ゆたかだった.しっかり教育受けていたらトップランナーの1人になっていたかもしれない.

子供001.jpg庭のブドウ棚6才時写真.jpg  4才頃 東京隅田川の河口,中央区佃で生まれその後墨田区菊川へ移転した.今は地下鉄新宿線/大江戸線森下から徒歩数分
それまでは総武線両国駅から徒歩15分の所.
両親亡くなり実家は2010年春に壊され,土地は人手に渡った.

年代順...には諦めた.写真の整理なんてしている暇無いので.思いつきで貼付けます.

山本邦山003.jpgwith 山本邦山氏さや香002.jpgさや香001.jpg菊地麗子パーティー003.jpg芸高創立30−3.jpg1984芸高創立30−2.jpg1984

82.jpg???008.jpg


68.8.9.jpg 1968
69.8.8.jpg 1969
70.8.1.jpg 1970